角筈(つのはず)と呼ばれた街 上出 優之利

BACK

角筈(つのはず)と呼ばれた街

photo by 上出 優之利


戦国時代から1978年まで400年以上も東京に存在した角筈(つのはず)村。

今は無きその村は現在、新宿歌舞伎町という名で知られている。

2018年、東洋最大級の歓楽街といわれるこの地と、そこに生きる人々を描いたストリート ドキュメンタリー。


上出 優之利 ( Masanori Kamide )

【略歴】
1980年代よりDJ / ミュージシャンとして30年間活動、中森明菜、荻野目洋子等のプロデュースやアレン ジを行う。
その後写真家に転向、写真集「モノクロのブルース」で2017年土門拳文化賞奨励賞を受賞、
パリの書店 「Le Plac'Art Photo」では初版が1週間で売り切れた。
対象物の持つエネルギーをダイナミックに描写する撮影スタイルが特徴。

【受賞歴】
2013年 第35回読売写真大賞月刊佳作
2014年 リコーイメージングフォトコンテスト準特選
2015年 第40回JPS展 優秀賞
2016年 第64回ニッコールフォトコンテスト準特選
2017年 第23回土門拳文化賞奨励賞

【写真展】
2015年 グループ展 / JCIIクラブ25
2016年 個展「モノクロのブルース」/ 新宿ニコンサロンbis
2017年 第23回土門拳文化賞受賞展 / 土門拳記念館-新宿ニコンサロン-大阪ニコンサロン巡回

【写真集】
2016年「モノクロのブルース」書籍 / Kindle版

HP:https://www.masanorikamide.com/
instagram:https://www.instagram.com/masanori_kamide/


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine