VOICE >明治150年展 明治の日本画と工芸 @ 京都国立近代美術館

明治150年展 明治の日本画と工芸 @ 京都国立近代美術館

明治150年展 明治の日本画と工芸 @ 京都国立近代美術館

1868年に明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『温知図録』を制作するなど、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。
京都では、地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わることで、時代に即した図案の研究が進められました。
本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示することで、近代化していく社会の中で生み出された明治の美術品を紹介します。

● 日時
2018年3月20日(火)〜5月20日(日)
午前9時30分〜午後5時
※ 会期中の金曜日は午後8時まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
● 開催場所
京都国立近代美術館
● 入場料
一般 1,000円(800円)/大学生 500円(400円)
※()は20名以上の団体料金
※ 高校生・中学生以下は無料
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料。  
(入館の際に証明できるものをご提示ください)
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。


その他の関西のアートイベント情報はこちら
■関西アートイベントカレンダー
住所 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
電話番号 075-761-9617
最寄り駅 ○JR〜バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行)銀閣寺行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

○阪急電鉄・京阪電鉄〜バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

○市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約10分

○地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩約10分
開催時間 午前9時30分〜午後5時
※ 会期中の金曜日は午後8時まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日
※4月30日(月・休)は開館
公式ホームページ http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/424.html